安子神社(あこじんじゃ)は安産・子授・厄除・出生児守護の杜(島根県出雲市湖陵町)

HOMEサイトマップ

平成18年 御田植安産御神事

2006年4月1日

4月8日に例祭が行われます。 さて,今年の占いは・・・?

平成18年 御田植安産御神事

午前の神事で拝殿より御神体を取り出し,その年の当屋の家へ渡御致します。
当屋は,御神体を家にまつり“当屋祭”を行います。写真の神職は,お手伝いの吉岡さんです。

平成18年 御田植安産御神事

午後,当屋祭ののち,当屋宅から安子神社までの道を
厳かに行列をつくり,御神体を渡御いたします。

平成18年 御田植安産御神事

御神体が神社へ到着し,いよいよ“御田植安産御神事”が始まります。
牛や牛追いにふんした宮座の方が,荒起こしや田植えの真似をして,
今年の豊作を祈願します。

平成18年 御田植安産御神事

その後,妊婦の早乙女(さおとめ)が入場し,安産神事へとつながります。
早乙女は飯盆(はんぼ)を頭上に掲げて錦の布をまとっています。
初めて見る方はビックリされるかと思います。

 

 

平成18年 御田植安産御神事

安産神事によって,早乙女が無事子供を出産。
この時産まれた子供の性別によって,その年の男女の出生の比率を占います。
今年は男児が生まれましたので,男の子の出生率が多いと占いました。
今年度(H18 4/8~H19 4/7)に お生まれのお子様はどちらでしたでしょうか?

03432