安子神社(あこじんじゃ)は安産・子授・厄除・出生児守護の杜(島根県出雲市湖陵町)

HOMEサイトマップ

安子神社の紹介

2006年2月17日
安子神社は、出雲・石見の全県に、また全国各地に安産・出生児守護の神として熱心な崇敬者を有している古くからの神社です。

祀られる神様

木華咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)   少名毘古那命(すくなひこのみこと)   大国主命(おおくにぬしのみこと(おおなむぢのみこと))
須佐之男命(すさのおのみこと)   菅原道真(すがわらのみちざねのみこと)   宇迦之御魂神(うがのみたまのみこと)

安子神社には上記の神々がおまつりしてあり、霊験あらたかで,県内は千家・北島両国造家をはじめ出雲・石見の地域に,また全国各地に安産・出生児守護の神として熱心な崇敬者を有している古くから有名な神社です。

大正天皇皇后,昭和天皇皇后,今上天皇皇后皇太子妃殿下御妊娠の時,宮司が安子の宮の御神札を宮内庁へ持参し御嘉納になりました。

毎年四月八日が例祭で,古式ゆたかな「御田植安産神事」が午後二時よりあります。この御神事を拝むと,安産で子宝も授かると伝えられています。

 

 
37440
2016年12月19日
鳥居から参道
春は桜が満開です
2006年4月17日
社務所
【鳥居から本殿に向かう参道の左手に社務所が見えます。】
2006年3月31日
本殿
【 御祈念を予約された方は、拝殿へあがられて御祈願下さい。】
2006年3月31日
安子神社に祀られる神さまや安産御祈念・御神札などについてご案内します。
2006年3月27日